弟に指摘されたうなじの毛の濃さ

たしか二十歳前後の時のことだったと思います。
うなじ辺りの毛が多いことを指摘されました。
指摘して来たのは弟だったので、まだましなほうだとは思いますが、やはりショックでした。

夏場に髪をアップにしていた時に、なんだか首のあたりの毛が多くて気持ち悪い、というような趣旨のことを言われました。
うなじから肩や背中の方にかけての毛が濃かったようなのですが、この場所だと自分では見えません。
指摘されるまでは自己処理しようなどと思ったことすらない場所でした。

そこで、カミソリでの処理を試みましたが、やはり位置的に難しいのです。
しかも、自分では見えないので、ちゃんと処理できているのかもわかりません。
まだらになって、余計おかしなことになっているかもしれません。
この時初めて脱毛について本格的に興味を持ちました。

うなじのあたりとなると、女性にとっては浴衣を着たときなどに普通ならむしろ武器になるような場所のはずです。
それなのに、気持ち悪いと言われてしまうなんてありえないと思いました。
今は永久脱毛をし、だいぶ綺麗になったと思います。
弟に指摘してもらわなければ今でも気づいていなかったと思うと恐ろしいです。
当時はショックでしたが、今では感謝しています。

コメントは閉じられましたが、トラックバックとピンバックは受付けます。